パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

パワハラ訴訟:男性自殺 地裁判決、農協が不服控訴 /山梨

2015年1月27日

2015年1月21日 毎日新聞の記事です。

http://mainichi.jp/area/yamanashi/news/20150121ddlk19040083000c.html

 

【引用はじめ】

「クレイン農業協同組合」(都留市)に勤務していた男性(当時34歳)が自殺したのは、当時の支店長からのパワーハラスメント(パワハラ)などが原因として支店長と同組合に約3500万円の賠償を命じた甲府地裁について、同組合は判決を不服として東京高裁に控訴した。

控訴は17日付。甲府地裁は今月13日の判決で、「支店長による叱責が男性の大きな心理的負担となった」として、パワハラが自殺の原因と認めていた。同組合は20日、取材に対して、「パワハラと男性の自殺との間に因果関係はないと考える」などと話した。【藤渕志保】

【引用おわり】

 

 

この事件の地裁判決時の記事をご覧になられたい方は、こちらをクリックしてください。