パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「役員からパワハラ」元取締役、北日本銀を提訴

2014年3月9日

2013年5月読売新聞の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130508-OYT1T00309.htm

(引用はじめ)

役員らからパワーハラスメント行為を受けたとして、北日本銀行(盛岡市)の元取締役で仙台市太白区に住む男性(59)が、同社と頭取らを相手取り、慰謝料など約2010万円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こしたことが7日、わかった。

 提訴は4月3日付。

訴状などによると、男性は2012年2月以降、役員らから子会社への異動や退職を強要するパワハラ を受け、同年4月から休職、6月に退職した。

男性は「退職強要を受けてから、ストレスで眠れない日が続き、胃の痛みがひどくなった」と主張し、人事権の乱用だと訴えている。

北日本銀行は「訴状は事実と異なる内容がある。裁判で争う」としている。

2013年5月8日18時21分 読売新聞)
(引用終わり)

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。