パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「パワハラで自殺」認定、7千万円賠償命じる 福井地裁

2014年12月5日

朝日新聞2014年11月29日の記事です。

http://www.asahi.com/articles/ASGCY00QPGCXPTIL02N.html

 

 

(引用はじめ)

福井市消防機器販売会社「暁産業」の男性社員(当時19)が自殺したのは上司のパワーハラスメントなどが原因として、父親が会社と上司に約1億1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、福井地裁であった。樋口英明裁判官は「仕事上のミスに対する叱責(しっせき)の域を超えて人格を否定し、威迫する典型的なパワーハラスメントといわざるを得ない。心理的負担は極めて強度」と認め、会社と上司1人に約7260万円の支払いを命じた。

判決によると、男性社員は2010年2月からアルバイト、同4月から正社員として働き、10年12月に自宅で自殺。上司から日々注意された内容が書かれた手帳には「死んでしまえばいい」「辞めればいい」「ウソつき」などの暴言が残されていた。

(引用終わり)