パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

うつ病、家族は「待てること」大事

2014年11月16日

朝日新聞2014年9月10日の記事です。

http://apital.asahi.com/article/shohousen/2014101700013.html

 

(引用はじめ)

うつ病の患者さんとどう接したらよいか――。家族の方からよく聞かれる。今回はケースの紹介を通して考えてみたい。

恵美さん(仮名)39歳、主婦である。夫は食欲がなく、痩せてひどく疲れている様子なので、かかりつけ医に診てもらうと、「うつ病かもしれない」と精神科の受診を勧められた。

しかし、夫は「検査しても悪くなかったから何でもない、精神科に行っても仕方がない」と、聞く耳を持たない様子だ。一人息子の高校受験も関心が無いようにみえる。「息子が私立高校へ行きたいと言っているけれども、学費をどうしようかしら?」と相談しても何もしてくれない。

つい、「子供の将来のことも考えてください」と声を荒らげてしまう。そんなやり取りの中で、夫はますます落ち込んでいった。

ここ数日は、精神科に行くどころか、仕事も遅刻、欠勤がちだ。夜もろくに眠っていないらしい。「たまに散歩でもして息抜きをしてみたら」と勧めたが、夫は表情を曇らせるだけだ。

「あなたなら大丈夫よ」と優しく励ましても、ますます落ち込んで会話をしなくなる。恵美さんまでも気分が落ち込む。

その後、夫が会社の上司から「何でもないにしても、医師の診察だけは受けるように」と受診を強く勧められ、私のところへ来たのは、かかりつけ医に勧められてから1カ月も経った後だった。

家族がまず直面するのは「いかにして受診をさせるか」だ。「眠れない」「体が重い」など、本人がつらく感じていることに焦点を当てて受診を勧めることだ。このケースのように職場との連携が功を奏することもある。

次に家族が陥りやすいのは、良かれと思って気分転換に外出や運動、時には旅行や湯治を勧めることだ。うつ病の人は何事に対しても興味を失い、楽しさも感じなくなる。だから、勧められても気の向かないことをやらされているに過ぎない。励ましも同じだ。

うつ病の人々は「性も根も尽き果てて」いる。その状態で励まされても応じることができない。

こうした家族の行動は、不安がその根にあることが多い。だからつい、患者本人に決断や意見を求めてしまう。不安は伝染する。家族もうつ病のことを知って不安を払拭(ふっしょく)する必要がある。

うつ病の多くは薬がよく効く。そんなに悲観的になることはない。うつ病を知って、回復までの時間を「待てること」が大事だ。

(引用終わり)