パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

素直に謝るということ。

2014年3月7日

ふと、思ったことです。

最近、会社内で、職場内で、どういう関係であれ、素直に謝る、ということが無くなってきているように思います。

カルロスゴーン以降、利益最重視・コストカット重視の考えが浸透するようになり、謝る事=否を認める事=転落していく、という心理が働いていると思うのは私だけでしょうか。

謝るという事は、一種のコミュニケーションです。そして、コミュニケーションはパワハラ防止のための非常に重要な要素です。

悪いことを悪い、と謝れないということは、それだけコミュニケーションを拒否していることに他なりません。

つまり、素直に謝らないということは、パワハラを助長させることを手助けすることに他なりません。

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。