パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

パワハラで停職1カ月 大田原市の課長、部下に暴言など

2014年10月4日

10月2日 下野新聞の記事です。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141002/1735905

 

(引用はじめ)

大田原市は1日、部下にパワーハラスメントをしたとして、同市財務部の男性課長(60)を同日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。また、管理監督責任を問い、財務部長を戒告処分にした。

同市によると、男性課長は4月に異動してきた30代の男性職員に対し、暴言や行き過ぎた指導などをした。暴言を吐いたり、一貫性のない指導をほぼ毎日行っていたという。

男性職員は精神的な苦痛を受け、7月中旬から病気休暇となっている。男性職員からの相談で発覚。男性課長は「指導の一環として行っていた」と話しているという。

(引用終わり)