パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

教諭自殺「パワハラ原因」県と市に賠償命令 鹿児島地裁

2014年10月3日

2014年3月13日 朝日新聞の記事です。

http://www.asahi.com/articles/ASG3D4HC8G3DTLTB009.html

 

(引用はじめ)

鹿児島県曽於市の市立中学校で女性教諭だった久留恵(ひさどめめぐみ)さん(当時32)が自殺したのは、校長らのパワーハラスメントなどが原因だとして、両親が県と市に損害賠償を求めていた訴訟の判決が12日、鹿児島地裁であった。吉村真幸裁判長は、「(当時の)校長らの行為と自殺の間には相当因果関係がある」と認め、県と市に約4360万円の支払いを命じた。

久留さんはこの中学校に音楽教師として勤めていた2006年10月、「今まで受けたいじめは指導以上のパワーハラスメントです」などと当時の校長や教頭らにあてた遺書を残して自殺。両親が県と市に約9600万円の支払いを求め、08年10月に提訴していた。

判決によると、校長らは05年、久留さんに教員免許のない国語の授業も担当させ、週の授業時間は8時間増えて20時間になっていた。指導力不足の教員だとして県教委の研修を受けさせたり、退職を促したりした。

吉村裁判長は、こうした行為が「久留さんに心理的に大きな負荷を与えた」と認定。久留さんが精神科を受診しているにもかかわらず、研修を受けさせる際に県教委に報告せず、主治医にも状況を確認しないなど「過失があった」とも指摘した。

原告弁護団の森雅美弁護士は「おおむね主張通りで評価できる判決」、両親は「事実関係と校長らの責任が認めてもらえて、うれしい」とコメントした。県教委と市教委は、ともに「判決文が届いてから、今後の対応を検討したい」としている。(滝沢文那)

(引用おわり)