パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

教職員処分相次ぎ、ハラスメント指針策定する県

2014年9月24日

読売新聞2014年7月18日の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140718-OYT1T50053.html

(引用はじめ)

わいせつ行為で教職員が懲戒処分を受けるケースが相次いでいることなどを受け、静岡県教委はハラスメント に関する指針を今年度中に策定することを決めた。

 県教委の事務局が15日、有識者でつくる教職員コンプライアンス委員会に提示した指針案では、セクハラやパワハラに該当する行為が具体的に示されているほか、「相手が嫌がったら同じ言動を繰り返さない」といった留意事項や、教職員から相談を受けたら迅速に対応することなど、管理監督者の責務も盛り込まれている。

 委員からは「何がハラスメント なのか例示して現場で運用してみることは大事だ」「どういう言葉で指導すればハラスメント に当たらないのかも示すべきだ」といった意見が出された。

 県教委はこれらの意見を踏まえて指針案を練り直し、定例会での承認を得た上で、各学校に配布する方針。

 県教委によると、昨年度の懲戒処分17件のうち5件、今年度の5件のうち3件がわいせつ行為によるものだった。今月7日には、20歳代の男性教諭が宿泊研修中に女性教諭の体を触ったなどとして、懲戒免職処分を受けている。

(引用終わり)