パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

職場のパワハラ増 県労働センター相談件数、5年連続4千件超

2014年9月8日

埼玉新聞2014年5月21日の記事です。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/05/21/03.html

 

 

(引用はじめ)

県労働相談センターに寄せられた労働相談の件数が、2013年度は4773件となり、前年度より18件(0・4%)増加したことが、県のまとめで明らかになった。

 そのうちパワーハラスメントや職場のいじめといった「職場の人間関係」の相談は前年度比129件(37・1%)増の477件(全体の10・0%)。

 県勤労者福祉課は「パワハラが浸透し、パワハラと感じる人が増えてきているのではないか」とみている。

 4千件を超えたのは5年連続。4773件の相談者は正規雇用2491件(52・2%)、非正規雇用2088件(43・7%)、事業主194件(4・1%)。月別では4、5月がともに450件で最も多かった。

 相談で最も多かったのは「賃金の不払いや引き下げなど」の801件で、16・8%を占めた。「解雇や退職奨励」が569件(11・9%)で続き、「退職や退職金」は前年度比61件増(12・5%)の550件(11・5%)となった。

 「労働保険」に関する相談は422件(8・8%)、「雇用に関すること」が201件(4・2%)、「労働組合や労使関係」は28件(0・6%)、「外国人労働者問題」は14件(0・3%)あった。

 県庁内(さいたま市浦和区)の県労働センターでは、労働に関する相談を電話やインターネットで受けアドバイスし、面談も行っている。

 相談は、同センター(048・830・4522)へ。

(引用おわり)

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。