パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

老舗食品会社の部門長が部下に暴力、大けが

2014年2月27日

 

2013年4月 毎日新聞の記事から

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20130404ddlk28040424000c.html

(引用はじめ)

海苔の佃煮「アラ!」などロングセラー商品で知られる老舗食品会社「ブンセン」(本社・たつの市)で3月、部門長が業務中に暴力を振るい、社員が胸の骨を折るなどの大けがをしていたことが分かった。

たつの署によると、社員から3月26日、傷害を受けたとして被害相談があった。発生は同5日。現在、被害届はまだ受理していないとしている。

同社では、事実関係を認めた上で、加害、被害両者とも男性従業員とし、発生を同5日午後4時前とした。この上で「業務指導上の出来事」との見方を示した。被害を受けた社員は、けがのため休業中という。

毎日新聞の取材に、社内調査を担当している総務部長は「誠にお恥ずかしい。社内規則上も暴力は当然許されず、パワハラ防止研修の強化を検討中です」と説明している

(引用終わり)

記事だけでは、なんとも言えませんが、加害者の方に懲戒処分は行われたのでしょうか。処分が無い上で、ただパワハラ防止研修の強化を検討するのであれば、社員の方の不信感が膨れ上がるのではないでしょうか。「社内規則上も暴力は当然許されず・・・」と述べていますので、これから処分が行われるとは思いますが・・・・

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリック