パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

パワハラ意識

2014年2月25日

Yahoo知恵袋などの、Q&Aのサイトの質問を見ると、世間のパワハラの認識が垣間見えたりします。

例えば

(引用はじめ)

パワハラについて質問です。 パートで働いている友人が、残業を強制され断ったら 「次の更新はない(つまりクビ)」 と脅されて、しぶしぶ残業をしたそうです。 さらに、会社の飲み会を拒否したら 「評価を下げる」 と言われたそうです。
…これってパワハラですか?訴える事はできますか? (引用終わり)

これは十分にパワハラですが、むしろ、この後の「訴える事はできますか?」という文に、この質問者の意識が垣間見えます。パワハラ=違法=訴えることができる、という認識ではないでしょうか。

ですが、パワハラ対策の観点から言うと、パワハラ=違法というのは、危険な考えです。違法性があるかどうかというのは、結局のところ、裁判所が決めることです。 しかし、職場の中に裁判所を持ってくるわけにはいかないでしょう。 つまり重要なのは、就業者がよい職場環境で働くことを阻害する行為なのかどうか、ということであり、違法性であるかどうかは2の次です。この場合、パートとはいえ、雇い止めをほのめかしたり、評価を下げることをほのめかしている点で、就業者の雇用や身分を脅かしているので、十分にパワハラなわけです。ただし、働く人にも職場環境を良くしていく心構えが必要です。まずは、この上司の方に、クビや評価下げをちらつかせないよう、交渉すべきでしょう。

それでも応じないなら、次の手段を考えていく、という手順が必要なのだと思います。