パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

組織だってのパワーハラスメント

2014年2月25日

組織だってのパワーハラスメントともなると、たちが悪いものがあります。

2013年3月読売新聞の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130313-OYT1T00363.htm?from=ylist

(引用はじめ)

上司に退職を迫られ、出向を命じられるなどのパワーハラスメントを受けたとして、兵庫県商工会連合会(神戸市)と上司の専務理事に慰謝料などを求めた訴訟で勝訴した姫路市の男性(56)が12日、判決確定後も不当な出向が改善されないとして、同連合会に慰謝料など408万円の支払いと、出向命令は無効で働く義務のないことの確認を求める訴えを地裁姫路支部に起こした。

(引用終わり)

パワハラは、繰り返される傾向があります。しかも、裁判で判決が確定された後も、判決を履行しない事例もそんざいします。これは非常にあくどい内容に感じます

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。