パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介・お知らせ

内部告発によるパワハラ。

2014年2月25日

2013年3月 毎日新聞からのニュースです。

http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20130329ddlk22040188000c.html

(引用はじめ)

不正を内部通報したためパワーハラスメント(パワハラ)を受け不当人事や解雇処分を受けたとして、社会福祉法人県民厚生会の介護施設「きらら藤枝」元施設長の女性(58)が、同法人や当時の理事長らを相手取り地位確認や約1300万円の賠償を求めた訴訟の判決が28日、静岡地裁であった。増田吉則裁判官は請求の一部を認め、降格や解雇は違法だとし同法人に約600万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

判決文によると、女性は08年9月、当時の理事長らが不当に高額な報酬を得ていることなどを県に内部通報した。女性は降格され、11年1月、意に反し退職となった。女性は理事長らからのパワハラがあったと主張したが、判決は認めなかった。【平塚雄太】

(引用終わり)

内部通報は十分にパワハラのきっかけになります。しかし、公益通報者保護法により、内部通報者への不利益変更や解雇などは、禁止されています。

経営者が知らず知らずのうちに、法を犯していたということはよくあることです。

ちなみに、この記事は、パワハラを認めなかったとありますが、明確な公益通報者保護法違反であることを重視された結果だと私は考えます。判決は「証拠がない」という理由で、パワハラ部分に関しての請求を却下していますが、だからといってパワハラが無かったとは言い切れないと思います。

事実、1300万の請求額に対し600万円を認容したというのは、かなり高い水準です。

私はパワハラ以上に重いパワハラ(法律違反)だと考えます。

 

 

以下、クリックすると、関連記事にリンクに飛びます。

警察でのパワハラ事例1

警察でのパワハラ事例2 拳銃自殺

女性警察官によるパワハラ事例

秋田県警でのパワハラ事例に対する秋田県議会での質疑

 

 

 

 

3月1日にホームページをオープンしました。

2014年2月24日

職場環境改善工房のHPが立ち上がりました。

これからも、このHPを通して情報発信を行い、
パワーハラスメントの無い社会を目指していきますので、
宜しくお願いします。

職場環境改善工房 原田芳裕

私は「パワハラ防止」をベースに「職場のクリエイト」を目指す。

2014年1月3日

昨年の今頃は、

 

「さあ、今年は何をしようか」と思案しているところでした。

 

本の出版を思いついて、出版社に掛け合っていたけど、それが実現できるかどうかわからず、

迷いの中の船出でした。

 

でも、今年は、大きな不安要素をいくつも抱えながらも、向かっていく方向性がしっかりとあります。

それを実現できるかどうか、というのは私自身の意志の強さにもつながっていくでしょう。

 

ハラスメントの防止は、私の宿願です。

それを人によっては「単に想いだけ」と冷ややかに見る方もいらっしゃいます。

 

しかし、思わぬ副産物を得ることもあります。

今年は、バイオリンの曲を作曲をすることになりました。

 

実は、昔、作曲家になりたくて、独学で勉強していたことがあります。

 

もともとクリエイティブな事が好きなのです。

 

プライベートでは、詩を作ったり、小説を書いたり、

舞台に立ったり、いろいろしてました。

 

こう見えても、私は、韓国の伝統芸能や、韓国舞踊が踊れたりします。(と言っても、あくまでもアマチュアの域でしかありませんが・・・・)

 

何年かアーティストグループを作って活動していた時期もあります。

 

パワハラ防止を仕事にしようと思ったのも、クリエィティブなことをしたいと思い続けてきたからなのかもしれません。

 

そうです、「パワハラの無い職場」をクリエイトすることが私の仕事なのです。

 

ですから、私の言うことは、弁護士や社労士の方、厚生労働省が言うこととは違うところがあります。

裁判事例や法律を列挙し、定義を定め、方策を提言をしても、現場では「線引き」が先行するだけです。

 

そもそも、日本(だけに限らないかもしれないが)は職場をクリエイトするという発想が無いように思います。

 

私はこの仕事を単に「パワハラ防止」に限定せず、「パワハラ防止」をベースにした「職場のクリエイト」を目指したいと思っております。

62 / 62« 先頭...102030...5859606162