パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介・お知らせ

みなさま。お正月はいかがお過ごしだったでしょうか。【文化的貧困とパワハラ】

2015年1月7日

みなさま。お正月は、いかがお過ごしだったでしょうか。

そして、昨年は、皆様にとってどのような年だったでしょうか。

 

私にとっては、母が脳梗塞で倒れ、その為に生活の大きな変化が生じ、家族の中でも不安との葛藤があり、私も自分の仕事に手がつかないぐらい、大変な一年でした。

でも、そういう激動の中でも、できる範囲内で一歩ずつ歩みを進めてまいりました。

3月には、バロックバイオリンコンサートを開催し、
10月には、2年間かけて対応させていただいた、愛知北エフエムのパワハラ事件が、ようやく提訴にまでたどり着きました。
11月には、ひらき座さんのご好意で、はじめて演劇に挑戦いたしました。

今年のための種まきも、忘れていません。
今年一月は、パワハラ防止に関するお話を、FMとよた様、FMたじみ様、FM岡崎様の、コミュニティーFM3局ですることが決まっています。

また、2月25日には、ポーランドで、私が作詞した曲3曲が収録されているアルバムが発売になります。
その他にも、いくつか、ありますが、まだ発表できないことがいくつか進んでいます。

一年一年、着実に花を咲かせる為には、その前の年に、どれだけ種をまいてきたかが重要だと思っています。

パワハラと関わってきて感じる事は、パワハラが発生する素地には、文化的・創造的土壌が貧困であることが、根底にあると言うことです。

ですから、私は、どんな困難な状況にあっても、自分自身の文化的・創造的土壌を育んでいく努力だけは惜しまないことを心に誓っています。

ということで、私は、今年のお正月何からはじめたかと申しますと・・・・・
昨年、秘かに完成させたピアノ曲を清書しております。

昔から、創造的なことが大好きな私は、詩作もしますし、アート作品も作ったことありますし、作詞・作曲もしたこともありますし、俳句、短歌も作ったことがあります。小説も何作か、創作したことがあります。コンクールに応募して入選したこともあります。

実は、昔、本当にクラシックの作曲家になりたくて、独学で勉強したこともありますし、今でも、その時に買った専門書を手元に持っています。

昨年3月にバロックバイオリンのコンサートを企画したときに、ひょんなことから、私も作曲して、作品を発表することになり、13年振りに、クラシック系の(バイオリンとピアノ伴奏)曲を書き上げました。
実際に、本番に聞いていただいた方々に好評だったこともあり、昔取った杵柄ではないですが、だんだんと私の中で、学生のときの想いが蘇り、去年、少しずつ時間をかけて、5分ぐらいのピアノ曲を書きました。

ただそのままでは、単なるメモ書きで、楽譜としては実用的ではないので、清書をしているのです。(写真は、清書途中の楽譜と、作曲したときのメモの楽譜です)

ピアノ曲は恐らく、15年ぶりに書き上げました。
15年のブランクがあった訳ですが、自分で言うのもナンですが、
作曲しながら、(オレ、めっちゃ成長してる)のを感じました。

今までの、クラシック以外での表現活動の蓄積が、この作品に凝縮されていくようで、学生時代の私だったら、絶対に書けないような曲に仕上がりました。韓国の伝統芸能をやってなかったら、書けなかった曲であり、詩作をしてなかったら、書けなかった曲であり、演劇をしてなかったら、書けなかった曲であり・・・・

ちなみに、私はピアノが弾けません。たどたどしい指で、キーボードの鍵盤を押しながら作っています。

一定の専門家や、プロフェッショナルだけが、創造性を発揮できる資格を得ているわけではありません。
創造は生活の中に種が巻かれ、生き様や社会との関わりの中で芽吹くものだと思います。

今年は、私の生き様を芽吹かせ、創造の葉を広げる年だと思っております。

本年も宜しくお願いします。


 

FMおかざきに、1月16日出演いたします。

2015年1月6日

ラジオ出演のお知らせです。

 

職場環境改善工房の代表である、私、原田芳裕が、

FMおかざき 76.3MHzの番組にゲスト出演いたします。

 

日時 1月16日 11:40

番組名:大島光子の金らじワイド「ようこそ!羽根スタジオに」

パーソナリティ 大島光子さん

 

FM おかざき 76.3MHzは、愛知県岡崎市を中心とした、コミュニティーFMです。岡崎市を中心に、地域の情報発信をしています。

 

私は、番組の中で、

  • ・    「パワハラ地獄敢闘記」の出版の経緯
  • ・    なぜ、パワハラ防止の仕事をするようになったのか。
  • ・    企業のハラスメントの防止の必要性について。

 

をお話いたします。

岡崎市近辺の方、お時間ございましたら、是非お聞きください。

 

それでは、楽しみにしていてください。

FM PiPi(エフエム多治見) 76.3MHz 公開生放送出演のお知らせ。

2015年1月5日

公開生放送のラジオ出演のお知らせです。

 

職場環境改善工房の代表である、私、原田芳裕が、

FM PiPi(エフエム多治見) 76.3MHzの番組にゲスト出演いたします。

 

 

日時 1月18日 12:00~13:00

番組名:ZENT HOTRADIO

パーソナリティ Keiziroさん

場所:ZENT多治見店内 特設スタジオ (http://www.p-world.co.jp/gifu/zent-tajimi.htm

FM PiPi(エフエム多治見) 76.3MHzは、岐阜県多治見市を中心とした、コミュニティーFMです。多治見市を中心に、地域の情報発信をしています。

 

 

私は、番組の中で、

  • ・ 「パワハラ地獄敢闘記」の出版の経緯
  • ・ なぜ、パワハラ防止の仕事をするようになったのか。
  • ・ 企業のハラスメントの防止の必要性について。

をお話いたします。

 

 

多治見市近辺の方、お時間ございましたら、是非お聞きください。

また、公開生放送ですので、多治見近辺でない方も、会場にお越しいただき、直接、話を聞いて頂く事も出来ます。

それでは、楽しみにしていてください。

1月8日 エフエムとよた RADIO LOVEAT 78.6MHzに出演いたします。

2015年1月4日

今年、一番初めのお知らせです。

 

職場環境改善工房の代表である、私、原田芳裕が、

RADIO LOVEAT   78.6MHzの番組に出演いたします。

 

日時 1月8日 10:10~10:10

番組名:Glocal Beat(http://www.loveat.co.jp/program/#glocalbeat

パーソナリティ 小林祥子さん

 

RADIO LOVEAT   78.6MHzは、愛知県豊田市を中心とした、コミュニティーFMです。豊田市を中心に、地域の情報発信をしています。

 

私は、番組の中で、

  • ・    「パワハラ地獄敢闘記」の出版の経緯
  • ・    なぜ、パワハラ防止の仕事をするようになったのか。
  • ・    企業のハラスメントの防止の必要性について。

 

をお話いたします。

 

豊田市の方、お時間ございましたら、是非お聞きください。

 

 

新年明けましておめでとうございます。

2015年1月1日

新年明けまして、おめでとうございます。

 

昨年は、経済的な数値が落ち込む中、衆議院解散・総選挙で 最低の投票率の中、与党が3分の2の議席を確保し、

消費税増税、そして集団的自衛権の確立へと大きく動いた年でもあります。

 

一方で、職場における、いじめの相談は増加しており、働く人が安心して働ける職場環境が、ますます崩れている兆候が、見えてきた年でもありました。

 

特に、ハラスメントの事例で言えば、佐世保高1殺人事件においては児童相談所内のパワハラによって、対応が遅れ、殺人事件にまで発展していったという事例もありました。

 

ハラスメントが、職場の環境を悪化させ、外部にまで影響を及ぼしている事例も明らかになっています。

 

社会全体が、目の前の問題に目をふさぎ、政治に対する不信感を募らせながらも、一市民として行動せず、傍観している傾向が顕著に出てきた年が昨年であったと思います。

 

ハラスメントの問題がクローズアップされるのは、職場という生活の根幹に直結する場所における、一人一人の改善力が低下し、半ば人権侵害とも言える行為に対しても、傍観と諦観が蔓延している結果ともいえます。

 

日本国憲法第12条は、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常にの福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」とあり、人権や権利は、ただでは与えらず、不断の努力によって、保持しなければいけない、と明記しています。

 

ハラスメントの防止においても、不断の努力が必要です。これは、経営者でも、管理職でも、一般の社員でも、派遣社員でも、非正規社員でも求められることです。

 

職場環境改善工房も、ハラスメントの無い職場作りの為に、惜しまない不断の努力を注ぐ決心です。

 

今年も、何卒、宜しくお願いいたします。

 

2015年元旦

職場環境改善工房 代表 原田芳裕

パワハラ防止の特効薬は、「録音」ではなく、「会社との交渉」の記録を積み重ねていくことです!

2014年12月31日

 

職場環境改善工房のHP(http://sk3-harada.jp )には、

「パワハラ 録音」という検索ワードで来られて、このページ(http://sk3-harada.jp/case/case-individual/953/ )を読まれる方が多くいらっしゃいます。

 

場合によっては、一日に、30名ほどの方がこの記事を読まれる方がいらっしゃいます。

 

このことは、それだけ、パワハラを立証したい!と考えていらっしゃる方は多いことを示唆しています。

 

確かに、「録音」の証拠能力は確かに高いのですが、

パワハラ防止の「特効薬」にはなりません。

 

「録音」は、裁判における客観的な証拠能力としては、非常に有益性を持っています。

ですが、それは「録音」の中味内容がパワハラなのかどうか判断するのは、裁判官しかいないと言う現実も示唆しています。

つまり・・・・・パワハラを改善させ、職場環境を良くするためには、「録音」の有無だけでは、ほとんど影響が無いということです。仮に裁判官が判決を出して、パワハラを認めたとしても、それと職場の環境改善は全く違います。

パワハラ認定した判決が出されて、職場復帰が認められたり、損害賠償が認められたりしても、職場の改善に取り組まない会社は現実に存在します。

裁判でのパワハラ認定において、「録音」は効力を発揮しても、パワハラ防止や職場改善には、効力が無いのです。

では、パワハラ防止にとって、何が有効なの?ということになります。

 

タイトルにもありますが、

会社と、パワハラ是正の交渉を重ねていくことが重要です。

その中で、会社側がどのように対応していったかを事細かに記録していくことです。

この記録の積み重ねが、後々に、あらゆる場面で非常に効力を発揮します。

 

しかし、

(そんなことをして、会社や同僚の報復があるのではないか?)

と恐れる方もいます。

 

仰るとおりです。実際に会社側が態度を硬化させて、嫌がらせがエスカレートしていくケースも確かにあります。

 

しかし、交渉をしていくことにより、会社側の態度が明確化してきます。

  • ・    パワハラ防止に向けて、真摯に取り組むのか
  • ・    パワハラと認めず、職場環境改善に対して消極的な態度をとるのか。
  • ・    パワハラ防止をする旨を明言するが、職場環境改善に対して、消極的な態度をとるのか。

 

もちろん、いきなり、全て解決するわけではありません。

交渉には、粘り強さも必要です。

会社がどのような対応をしてきても、冷静に対応していくこと、そして、対応した実績を記録として残していき、

整理していくことが大事なのです。

 

そして、忘れてはいけないのが、会社には、安全配慮義務(労働契約法5条)があるということです。

「パワハラではないのか?」という訴えがあるのに、十分な対応をしないこと自体、安全配慮義務に反することになるということです。

 

ですから、会社と、パワハラ防止の交渉を行っていくということは非常に大切なことなのです。

 

そして、心がけとして、絶対に忘れてはいけないことがあります。

 

パワハラ是正の交渉の目的は、あくまでも職場の環境改善を会社側に取り組ませることであり、損害賠償を求めることではないということなのです。

その目的からぶれずに交渉していくことが非常に大切なのです。

 

パワハラ無料相談実施中

パワハラに関する無料相談実施中です。お電話でも対応しております。090ー7312ー3133です。宜しくお願いします。

 


 

実際に、会社と交渉して、パワハラ防止に至った事例があります。

こちらをクリックして、ご覧ください。(従業員が立ち上がって、パワハラを解決させた事例)

個人の方が、パワハラに対して改善を要求するときの心構えなどについては、

こちらをクリックして、ご覧ください。  (個人の方へ)

パワハラの相談をされたい方は、こちらの相談フォームからどうぞ

 

■その他パワハラについて知りたい方は以下をクリックして下さい

パワハラの証拠の残し方を知りたい方はこちらを参照ください。

人事・総務の方へ、パワハラの相談対応について知りたい方は、こちらを参照ください。

パワハラをパワハラ防止の観点からどのように分析していけば良いのか、知りたい方はこちらを参照ください。

パワハラの無い職場とはどのようなものなのか、知りたい方はこちらを参照ください。

パワハラ関連の裁判の訴状は、実際にどのように書かれるのか、知りたい方はこちらを参照ください。

職場のパワハラにお悩みの方は、こちらをご覧ください

 

 

「何様のつもりだ」部下の足蹴ったパワハラ上司

2014年12月30日

 

2014年12月27日 読売新聞の記事です。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141227-OYT1T50011.html

【引用はじめ】

北海道は26日、部下に暴言を吐くなどのパワーハラスメント(パワハラ)をしたとして、出納局の男性役付職員(54)を戒告の懲戒処分にした。

道人事課によると、役付職員は8月1日、部下職員の決裁書類の置き方に激怒し、「何様のつもりだ」とどなりつけ、足を蹴ったという。役付職員は「カッとなってしまった。大変申し訳ない」と反省しているという。また、道は26日、道立札幌高等技術専門学院で講師資格の確認を怠り、要件を満たしていない職業訓練指導員に技能講習を担当させたとして、同学院の男性管理職員(56)と男性役付職員(51)をそれぞれ戒告とした。

【引用おわり】

「学長パワハラ」救済を申し立て ■労組通じ山梨英和大教職員

2014年12月29日

2014年12月25日 朝日新聞の記事です。

http://digital.asahi.com/articles/CMTW1412252000002.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_CMTW1412252000002

 

【引用はじめ】

 

山梨英和大の教職員が風間重雄学長からパワーハラスメントを受けたとして、自治労連山梨自治体一般労働組合は24日、不当労働行為の救済を県労働委員会に申し立てたと発表した。今後、県労委は事実関係を調査し、1年以内の解決を目指す。

(さらに…)

セクハラで警視を降格 道警、署長にパワハラ疑惑も

2014年12月28日

北海道新聞12月25日の記事です。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/582453.html

 

 

【引用はじめ】

道警は24日、セクシュアルハラスメント行為をしたとして、函館方面本部交通課前課長の吉泉丞(すすむ)警視(56)=函本付=を減給10%1カ月の懲戒処分とし、警部に1階級降格させた。道警が地方公務員法に基づき、本人の同意を得ない「分限処分」で降任させるのは初めて。

道警監察官室によると、吉泉警部は函本交通課長に就いた今年3月以降、女性に性的な発言を繰り返し、複数回身体に触れた。「これくらいなら大丈夫と考えていたが、大変申し訳なかった」と話しているという。11月に監察官室に通報があり発覚。吉泉警部は来年1月7日付で、旭川方面本部警務課主監に異動する。

また、道警は根室署長の望木(もぎ)勝雄警視(59)が部下にパワーハラスメント行為をした疑いがあるとして、25日付で釧路方面本部付に異動させる人事を発表した。道警警務部は「事実関係の調査に伴い、業務に支障が出るため人事措置を講じた。具体的な内容は明らかにできない」としている。

【引用おわり】

 

巡査に太ももなめさせる 兵庫県警、酒席パワハラ

2014年12月27日

2014年12月19日 47news(共同通信)の記事です。

http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121901002096.html

 

 

 

【引用はじめ】

兵庫県警の男性警部(42)ら5人が酒席で巡査部長に服を脱ぐよう強要していた問題で、警部はその場にいた20代の巡査にも、巡査部長の太ももをなめるよう強要するパワハラ行為をしていたことが19日、県警への取材で分かった。

県警は19日、近畿管区機動隊に所属していた警部ら5人を暴行容疑で書類送検したことを正式発表。警部を停職1カ月、35歳と33歳の男性警部補2人を戒告の懲戒処分とし、31歳と30歳の男性巡査部長を本部長訓戒とした。

吉塚潤一郎監察官室長は「極めて軽率な行為。再発防止に努める」とのコメントを出した。内部通報したのは被害者の巡査部長だった。

【引用おわり】