パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

職場環境改善工房とは

職場環境改善工房代表 原田芳裕

「職場環境改善工房」という屋号には、パワハラ防止を通して、職場環境の改善を創造し、企業様の就業環境配慮義務のお手伝いをさせていただきたいという意味を込めています。
また、代表の原田がパワハラ被害経験があるため、当事者としての経験を交えた独自の視点での解決やご提案ができます。

屋号 職場環境改善工房
設立 2013年4月
所在地 愛知県春日井市西高山町1-5-5
電話番号 090-7312-3133
代表 原田芳裕
業務内容 企業向けパワハラ防止対策、個人向けパワハラ対策

私たちの考えるパワハラの定義

パワハラは、間違いなく職場環境を悪化させます。従って、私たち職場環境改善工房では、パワハラ防止の観点から、「パワ-ハラスメントの定義=職場環境を悪化させる行為」とした上で、企業様にパワハラ対策をご提案いたしております。

この定義は、厚生労働省のパワーハラスメントの定義のエッセンスを踏襲しながら、パワーハラスメント防止にとって何が大事かを職場環境改善工房で独自に研究し、定めたものです。
※厚生労働省のパワーハラスメントの定義「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

職場環境でお悩みであれば、まずは一度私たちへお問合せください

ご相談受付フォームはこちら

パワハラ地獄敢闘記 私はこうして上司のイジメと闘った

この本の出版を思い立ったのは、同じパワハラの被害にあっている方々を後押ししたいという想いと同時に、当事者としてパワハラ体験を綴った本がほとんどないということに気付いたからです。
弁護士など実務家の方が書いている本はあっても、どこか現実感に欠けた印象がありました。パワハラ被害者にとって、パワハラの現場で実際に何が起こり、どう対処したらいいか知りたいというのは切実な問題です。

ご購入はこちら

パワハラ地獄敢闘記 私はこうして上司のイジメと闘った